【調査】PayPay銀行のFXは実際どう?

FX会社おすすめ比較

PayPay銀行のFXアプリ「JNB-FXPLUS」の基本情報を中心に調査!初心者にもおすすめできる?

今回は、PayPay銀行のFXアプリ「JNB-FXPLUS」について調査してみました。

私自身、FXや仮想通貨取引を副業感覚でやっており、今回ペイペイのアプリ内でFXの機能を見つけたので気になってしまい色々調査してみました。

この記事では次のようなことが分かります

PayPay銀行FXアプリの基本機能使い方/口コミ

アプリのよくある質問

アプリの分析機能

アプリ操作は簡単で、初心者にもおすすめ

記事執筆者

■FXで5万円→200万達成済み
■逆に100万→-100万も経験済み
■学生時代にFXを始め、現在社会人兼現役トレーダー

アプリの推奨環境と基本機能

PayPay銀行のFXアプリ「JNB-FXPLUS」を利用するには、iOSAndroidデバイスを使用することができます。

下記、アプリの基本機能で初めての方でも使いやすいアプリと言えそうです。

大きな特徴としては、自動でテクニカル分析を行ってくれるツールがあります。これを活用することで、短時間で相場の動向を把握することが可能です。自動テクニカル分析ツールを使う際には、その結果を参考にするだけでなく、自分の分析と照らし合わせることが重要です。

  • 取引画面や為替レートの確認~注文
  • コストは0円
  • 普通預金口座からの振り替えでリアルタイム資金移動可能
  • 少額から取引可能
  • テクニカル分析を自動で行うツールあり
  • Tポイントからでも投資が始められる
  • メインにはならないかもしれないが、投資をはじめやすいメリットがある

注文方法とテクニカル指標の解説

JNB-FXPLUマでは注文方法も充実しています。代表的な3つの注文方法を解説します。

注文方法解説メリットデメリット
市場注文現在の市場価格で即座に取引を行います。注文がすぐに成立します。迅速な取引・取引価格がほぼ確実に保証マーケットの流動性が低いときに、大きなスプレッドが発生する可能性
逆指値注文指定した価格に達したときに成立する注文です。注文価格を指定して、その価格に市場が達した場合に取引が実行されます。短期間に市場価格が大きく変動する場合に有効取引機会を逃す可能性
OCO注文One Cancels Other(OPO)の略で、複数の注文を同時に行いますが、そのうち1つが成立すると他の注文はキャンセルされる注文方法です。市場の動向に応じて自動的に注文が実行されるため、リスク管理が容易文が成立しない場合に取引機会を逃すリスク
テクニカル指標の解説

あわせて、ペイペイFXで使用できるテクニカル指標の解説も初心者にもわかりやすく説明します。テクニカル指標を利用することによって、相場の動向を予測することができます。代表的なものを紹介します。

指標解説メリットデメリット
移動平均線トレンドの方向性を把握する短期と長期の移動平均線のクロスオーバーは、トレンド転換のシグナルとして使用過去の価格データに基づいて計算されるため、過去のトレンドに対する反応が遅れる場合がある
RSI過買いや過売りの状態を示し、市場が過熱しているかどうかを識別する価格の変動の強度や速度を測定し、トレンドの反転の可能性を警告する短期の価格変動に対して敏感であり、ノイズが多い環境では誤ったシグナルを生成する場合がある
ボリジャーバンドボラティリティの変化や価格の変動の範囲を示すバンドの上限や下限を超えた価格は、過買いや過売りの状態を示すからわかりやすい強いトレンド相場の場合、価格がバンド内に収まらないため、過買いや過売りの状態が持続することがある
テクニカル指標の解説

他にも下記、指標があります。若干複雑になるので詳細の説明はここでは省略しますが、初心者にも経験者にもおすすめなのことは言えそうです。

  • ADX
  • BuySellPoint
  • CCI
  • CMO
  • DMI
  • DPO
  • MACD
  • MAO
  • RCI

カスタマイズ機能の活用法

JNB-FXPLUSアプリでは、画面レイアウトやチャートの表示方法などをカスタマイズすることができます。最大4画面を登録できるのが魅力!たとえば、好きな通貨ペアをウォッチリストに追加したり、チャートの背景色や線の太さを変更したりすることが可能です。これらのカスタマイズ機能を活用して、自分に合った取引環境を整えましょう。

カスタマイズできるのは以下項目です。

  • プライス表示
  • チャート
  • マーケットニュース
  • ストリーミング注文
  • 建玉一覧

PayPay銀行のFXアプリの使い方

注文は上記タブの「取引」から

スマホでの利用方法と端末要件の説明

注文は上記タブの「取引」から

PayPay銀行のFXアプリでの注文はをわかりやすく、手順で示します。

  1. ログイン: JNB-FXPLUSのウェブサイトにアクセスし、登録したアカウントでログインします。
  2. 取引画面にアクセス: ログイン後、取引画面にアクセスします。
  3. 通貨ペアの選択: 取引画面で、取引したい通貨ペアを選択します。例えば、「EUR/USD」や「USD/JPY」などが一般的な通貨ペアです。
  4. 注文タイプの選択: 注文画面で、注文タイプを選択します。
  5. 取引量の入力: 注文画面で、取引したい量(ロット数や通貨量)を入力します。
  6. 注文内容の確認: 入力した注文内容を確認し、間違いがないか確認します。取引が円滑に進むように、正確な情報を入力することが重要です。
  7. 注文の実行: 注文内容を確認した後、取引を実行します。注文が成立すると、注文が取引システムに送信され、市場で執行されます。
  8. 取引結果の確認: 取引が成立すると、注文の結果が取引画面に表示されます。取引が成功したかどうかを確認し、必要に応じてポジションを調整します。

スマホでの利用方法と端末要件の説明

PayPay銀行のFXアプリをスマートフォンで利用する際には、一定の端末要件が必要です。iOSデバイスを使用する場合、iPhoneやiPadなどでiOS 10.0以降が必要です。一方、Androidデバイスを使用する場合、Android 5.0以降が必要です。これらの要件を満たしているかどうかを確認し、適切なバージョンのアプリをダウンロードしてください。

少しややこしいのですが、AppleやAndroidのアプリケーションは使えないです。

なのでスマホで見たいときは、ブラウザでの表示になり、少し使いにくいのが難点です。

PayPay銀行のFXに関する評判と口コミ

ユーザーの評価とアプリの特徴

PayPay銀行のFXアプリに対するユーザーの評価は概ね高く利便性安全性などが評価されています。特に、初心者向けの使いやすさや取引手数料の低さが好評です。

いくつかネットやSNSからの最新の口コミを参照します。

海外はスプレッドが・・・ペイペイFXはいいね。

資金移動が楽だから、すぐにトレードがしたい人におすすめ。

はじめやすいのが特徴。短期よりも長期投資の方が向いてる感じ。

でも可もなく不可もなくって感じ。サポートは微妙かも

Tポイントからはじめられた!少額でも開始でいるから初心者にはオススメ。

でも慣れてくると取引通貨ペアが他に会社に比べて低いことが分かりました。

PayPay銀行のFX口座開設の手順

口座開設に必要な手続きと申し込み方法

PayPay銀行のFX口座を開設する手続きは比較的簡単です。まず、PayPay銀行の公式ウェブサイトにアクセスし、口座開設の申し込みフォームに必要事項を入力します。申し込みフォームには、氏名や住所、連絡先などの個人情報が必要です。また、口座開設には本人確認書類の提出も必要ですので、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を用意しておきましょう。申し込みフォームの入力と書類の提出が完了したら、審査を待つことになります。審査に通過した場合、口座開設が完了し、取引が可能となります。

他の大手のFX会社と比較

有力なFX会社の特徴と比較表

PayPay銀行のFXアプリを利用する際に、他のFX会社との比較も重要です。有力なFX会社としては、DMMFXや松井FX、SBI FXトレードなどが挙げられます。それぞれのFX会社には、特徴や取引条件が異なりますので、自分に合った会社を選ぶことが重要です。以下の比較表を参考に、各FX会社の特徴を把握し、最適な選択を行いましょう。

FX会社特徴
DMM FX業界最狭水準のスプレッドを実現
松井FX少額から始められる大手FX会社
SBI FXトレード大手金融機関が運営しており、安心感がある

下記ではそんな有名大手FX会社含め、編集部がまとめたランキングを紹介しているので、

必要であればあわせてお読み下さい。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のFXに関するよくある質問とまとめ

初心者向けのFAQとまとめ

1. PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のFXにスマホアプリはある?

はい、PayPay銀行のFXにはスマートフォン用のアプリがあります。このアプリを利用することで、いつでもどこでも簡単にFX取引を行うことができます。スマホアプリのダウンロード方法については、前述した通り、公式ウェブサイトからJNB-FXPLUSのアプリをダウンロードしてインストールすることができます。

2. PayPay銀行のFXの取引時間は?

PayPay銀行のFXの取引時間は、原則として週中の平日の営業時間内に行われます。具体的な取引可能時間は、日本時間の午前9時から午後5時30分までとなっています。ただし、外国為替市場の状況によっては、取引可能時間が変動することがありますので、事前に確認しておくことが重要です。

3. 電話での問い合わせ窓口はある?

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のFXに関するお問い合わせやトラブルについては、専用の電話窓口が設けられています。電話での問い合わせ窓口では、取引や口座開設に関する疑問や不明点に丁寧に対応してくれますので、お困りの際には積極的に利用しましょう。

まとめ

PayPay銀行のFXアプリ「JNB-FXPLUS」は、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応した取引環境を提供しています。アプリの基本情報やダウンロード方法、使い方、利用環境、評判や口コミなど、さまざまな視点から詳細を解説しました。また、口座開設やリスク管理、おすすめのFX会社との比較、よくある質問などもまとめました。これらの情報を参考にして、安心してFX取引を始めることができるでしょう。初心者の方も安心して取引を行えるよう、丁寧なサポート体制が整っていますので、ぜひ活用してみてください。